製薬会社勉強会!! 〜尋常性ざ瘡〜

今日は月に数回ある製薬会社さんを招いての勉強会でした。

今日は尋常性ざ瘡(ニキビ)についてでした。

やはり精神的ストレスによって症状を起こす方が多いようです!!

赤く腫れている急性期においての薬剤を使った治療は研究も進んでいて
効果を得ることができるそうです。

しかし急性期を過ぎた跡になってします瘢痕気になってしまうと、
なかなか効果的な治療は今の所ないそうです!!

皆さんもニキビは顔にもできやすいですし、早めの処置お近くの内科、皮膚科への受診をするようにしましょう!!

また骨格からの見立てだと、
ニキビができる要因に代謝が悪いことが挙げられます!!

代謝が悪いということは!

身体と身体をコントロールする神経胃の働き、
栄養を送って老廃物を運搬する血液の通りが悪いことを意味しています!

これは、筋肉の硬直とそれによる骨格の歪みによることが多いです!!

また、骨格の歪みは以上の身体の働きとそれを悪くしている原因によって
薬の効きも悪くなります。

薬を塗っても効かないなーとお困りの方は、1度角度を変えて身体のメンテナンスを行うことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする