骨の仕組み〜骨の成長に携わるホルモンとビタミン〜

最初の記事の方で記載した、

コツの成長にホルモンとビタミンの協力があるというところで、

ここではその部分をもう少し詳しく記載していこうと思います!!

骨の新陳代謝、リモデリングの働きに重要になってくるホルモンやビタミン。

骨といえばカルシウムと言われるように、体内のカルシウムのほとんどが骨や歯に存在しています。

カルシウムは1日500グラムが骨に沈着し、同じ量が血液に戻っていくというシステムがありこのシステムにもホルモン、ビタミンが大きく関わってきます!!

骨成長に関わるホルモン

上皮小体ホルモン
分泌場所・・・副甲状腺
血液中カルシウム濃度・・・上昇
働き・・・破骨細胞の活性化
備考・・・腎臓で活性型ビタミンDを形成。消化管でのカルシウムの吸収up

カルシトニ
分泌場所・・・甲状腺
血液中カルシウム濃度・・・減少
働き・・・骨芽細胞の活性化
備考・・・血液中のカルシウム濃度が高くなると刺激され働き骨の石灰化を行う

成長ホルモン
分泌場所・・・下垂体
働き・・・骨端成長版の活性化

骨成長に関わるビタミン

ビタミンA・・・骨端成長版の活性化

ビタミンC・・・コラーゲンの生成

ビタミンD・・・腸からのカルシウムの再吸収

これらの働きによって骨の成長が行われています!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする