ダイエット企画~食事療法~

細野クリニックの齊藤です。

7月からスタートしたダイエット企画。

実施していく中で、当院のアトピー専門外来のプログラムを用いながら行なっていく事としています。

アトピー専門外来では、8つのプログラムを組み合わせて体質を変えていく事を目的として行なっています。

その中の1つに「食事療法」があります。

アトピー専門外来の食事療法では、厳しい制限はあえて設けずに「アレルギーのある食物には気をつけながら、無理なくできる範囲で行なってください」としています。

そうしている理由の1つに、個人差はありますが食事を制限することでストレスにつながり症状の悪化につながってしまう可能性があるからです。

もし、食事療法を専門的に行うとどのような制限が設けられるのか。

食事療法

食事療法を専門的に行う中でのメリットとしては、自然の物を摂取するため副作用が起こりにくいとされています。

しかしながら、かなり厳しい食事制限が設けられます。

「脂質」「糖質」の摂取が禁止される。

脂質では、特に「酸化した油」が良くないとされ火を通すと油は酸化します。

そのため、基本的にお肉は調理の段階で火を通さなくてはいけないため禁止とされます。ラーメンやファーストフードも無論禁止とされます。

また糖質も良くないとされ、甘い物やアルコール類も禁止とされます。

そのため、外食という選択肢がなくなり全て自炊で賄わなければいけません。

また、野菜に関しても有機野菜の物を摂取するようにし、使う油も気をつけなければいけません。

サラダオイルやマーガリンも、製造過程でトランス脂肪酸という自然界には存在しない脂肪酸が生成されるため禁止とされます。

このように、食べ物や調理法が限られてくる中で、食に関する全てのことに気を使わなければなりません。

これら食事に関することを徹底して行なっていく中で、効果が出始めるのは1年程してからとされています。

当院の食事療法

以上のような食事療法を続けてている期間、「外食ができない」「好きな物が食べられない」「変化が起き始めるまでの期間が長い」などのストレスとも戦わなくてはいけません。

そのため、当院では先に述べたように個人差はありますが食事療法を行うことによるストレスを避けるために厳しい食事制限は設けていません。

1人で食事をする時や、前日不摂生してしまった翌日など気をつけられる時に気をつけていただくようにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする