ダイエット~手作りドレッシング~

細野クリニックの齊藤です。

ダイエット企画を始めてからドレッシングを作るようになりました。

市販のものだと、保存料や化学調味料が含まれていたり、、ノンカロリーでも砂糖、塩が多く含まれていたりと、、、

何が良いのか探すのであれば作ってしまった方がいいのではと思い始めてみました。

試作第1弾は、「玉ねぎ、セロリ、トマト」を混ぜたドレッシングです。

具材を何にするかは栄養的に良さそうなものを適当にチョイスして見ました。

玉ねぎ

玉ねぎは、よく血液サラサラに良いと言われています。

玉ねぎには、「ケルセチン・硫化アリル・オリゴ糖」などが豊富に含まれています。

ケルセチン

ケルセチンは、抗酸化作用が強く血流をよくして脂肪燃焼などを手助けしてくれます。

硫化アリル

なかなか耳にすることはありませんが。

血栓を溶かしてくれる作用があります。

また、ビタミンB1の吸収を促してくれます。

オリゴ糖

整腸作用があったり、血栓をできにくくしてくれて動脈効果の予防につながります。

これらの栄養素を含んだ玉ねぎは

・ダイエット効果

・高血圧、動脈硬化、脳梗塞の予防

・美容

・疲労回復

・加齢臭の予防

などに効果があると期待されています。

セロリ

セロリには、ビタミンAとカリウムが豊富に含まれています。

ビタミンA

ビタミンAには免疫力向上と抗酸化作用があります。

カリウム

カリウムは、塩分の代謝に働くため血圧の上昇を防ぐ働きがあります。

またセロリは、食物繊維が豊富なためよく噛んで食べる必要があります。

そのため、ドレッシングやジュースなど細かくしてから摂取するのをお勧めします。

熱に通しても栄養価が下がらないのも特徴の1つなので調理がしやすい特徴もあります。

トマト

トマトと聞いて「リコピン」というキーワードが頭に浮かぶ方も多いと思います。

リコピン

抗酸化作用があり。

・消化促進

・動脈硬化の予防

・二日酔い

・胃や肝臓の働きをサポート

などの働きが期待できます。

リコピンにはトランス型とシス型の2タイプ

リコピンにはトランス型とシス型があります。

一般のトマトはトランス型のリコピンになります。

生では吸収されにくいため、油で溶かしたり、加熱調理した方が吸収がアップします。

調理

これらの、玉ねぎ・セロリ・トマトを適量に刻んでバイタミクスに入れます。

私は、玉ねぎ・セロリ・トマトを各々1つずつ入れています。

調味料は、「醤油・お酢・オリーブオイル・塩」です。

全てをバイタミクスに入れて混ぜて出来上がりです。

どれかが強調しすぎたりしない丁度良い味なので1つずつで調理しています。

分量や調味料のチョイスで味の調整は色々できると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする