正しい座り方

細野クリニックの齊藤です。

今回は、「座り方」についてです。

座り方ひとつにしても、骨格を歪ませてしまう立派な原因となります。

骨格を歪ませてしまう座り方を続けている環境で、

仕事の負荷や人間関係のストレスがかかった身体コンディションはどうなるでしょう?

自分が普段どのような姿勢で生活しているか振り返ってみましょう!

正しい座り方を知って、自身の身体コンディションをコントロールしましょう。

様々な座り方

早速ですが!!

以下の座り方で

どの座り方が骨格アライメントを考えた時に

正しい座り方でしょうか!?

①脚を組む

②脚を閉じてやや斜に構えるように座る

③深く座り脱力して脚を開いた状態で座る

さぁ〜どうでしょうか?

少し意地悪な質問になってしまいましたが

正解は全て悪い座り方です。

これらの座り方は、骨盤に回旋・後傾させる力を加え

骨格アライメントを崩してしまいます。

[↑上の画像↑]

座り姿勢を横から見たものですが、

深く座り背もたれに寄っかかっている状態です。

いわゆる猫背姿勢ですが、

これも骨盤に後傾の力が加わり骨格アライメントを

崩してしまいます。

これら画像のような姿勢で移動や食事、仕事など続けていると

骨格に位置ズレを起こす筋肉の緊張による力が加わりアライメントを崩します。

どうでしょうか!?

普段の姿勢を振り返ってみて、自身の骨格アライメントを崩していませんか??

正しい座り方

正しい座り方を知ってまずはチャレンジ!!

脚は閉じましょう!!

脚の指は親指側に重心をかけます。

脚を広げて座る場合は、

ハの字に広げても重心は親指側にあります。

基本的には、深くは座らずに

膝も曲げすぎず90度ぐらいが理想です。

深く座った場合も背もたれには

寄っかからない。

まずは、これらの事を意識して座ってみましょう!!

この正しい座り方をした時に「しっくりこない」「違和感がある」

「むしろ身体に痛み、痺れが起きる」という方は、、、

すでに骨格アライメントの黄色信号です。

正しい座り方でエクササイズ〜サボテン〜

なかなか1日の中でずっと正しい姿勢でいるのは、

現実を考えると難しいものがあります。

その中で、悪い姿勢で作られた筋肉の緊張をリセットさせるエクササイズを

行うようにしましょう!!

↑↑動画解説付き

案内

私の勤めている「細野クリニック」

アトピー性皮膚炎は東京都中央区の皮膚科、細野クリニックのアトピー …

普段は、「運営チーフ」というポジションで先生の治療を見学、勉強し

治療家そして開業を目指して日々勉強中です。

私齊藤が担当する診療時間外治療も行なっています。

細野クリニックの齊藤です。 このブログではほとんどお話していませんが、院長の細野先生から許可を頂いてPANセラピーを行っています。 ...

また、私が以前記事にしていた「ダイエットシリーズ」で行なっていた

健康スムージー。

現在では、クリニックにて週に2回飲んでいます。

毎週変わる「プラスワン食材」というルールがあり

楽しく健康に!!毎回の感想などブログになっていますので

こちらも是非ご覧ください!!

細野クリニックが提案する健康ジュース | 骨格と栄養から健康な体に …

ダイエットシリーズは、ブログ記事ではなくYouTubeにて記録を続けています。

・日々の記録

・解説動画

・肩甲骨チャレンジ

と動画制作にもチャレンジしているのでよかったらご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする